ニュース


プレスリリース

T-ICUとスカイマークが搭乗前後の遠隔医療サポート実証実験開始

2020年2月より、株式会社T-ICU(以下T-ICU 本社:兵庫県芦屋市/サポートセンター:神戸市医療産業都市 代表取締役中西智之)がスカイマーク株式会社(以下スカイマーク 本社:東京都大田区 代表取締役市江正彦)と協同で搭乗前後の体調不良お客様のケアを遠隔でサポートする実証実験を神戸空港で開始しました。 T-ICUは2018年より専門医が24時間体制で遠隔での集中治療支援サービスを病院向けに提供してまいりました。この度医療機関以外では初めての試みとなります。

【実証実験概要】

神戸空港のスカイマークカウンタに体調不良を訴えるお客様がいらっしゃった際に、必要に応じて当社医療スタッフに遠隔で問い合わせて必要とされるアドバイスを提供します。また、代表的な症例については、マニュアルを提供してより迅速な対応が可能となるようコンサルテーションも行います。 当初は神戸空港の離発着便を対象として、実務フローの確認、マニュアルの整備、実効性の確認などを経て、全航空対象に向けて実験をいたします。

【スカイマーク株式会社 取締役会長 佐山展生】

神戸空港でのスカイマーク便への搭乗前や到着後に体調不良になられた方を素早く遠隔初期診断できるT-ICUと共同で取組みをすることになりました。医療機関以外では初めての取り組みとのことですが、お客様の非常時に少しでもお役に立てればと考えています。本邦初の空港での取り組みですが、順調に進めば、神戸空港以外のスカイマークの空港支店にも展開していきたいと思います。みなさまのご意見があれば改善をすすめていき、この取り組みが日本の全空港に広がればと期待しています。

【神戸市 久元喜造市長】

T-ICU社 は神戸市が実施する起業家育成プログラム「500 Kobe Accelerator 2018」の参加企業で、2019年に神戸医療産業都市に進出いただきました。 神戸市が支援するスタートアップT-ICU社と、神戸を西の拠点として事業展開するスカイマーク社が、全国でも先進的な実証実験を神戸空港でスタートされることを大変喜ばしく思います。

今回の実験を経て、空港における遠隔医療サポートが神戸から全国に広がり、空港を利用される方々の安全・安心につながっていくことを期待しています。

【T-ICU代表取締役 中西智之】

T-ICUは救急医療領域におけるD to D(Doctor to Doctor)、N to N(Nurse to Nurse)の遠隔医療を提供する日本で唯一の会社です。遠隔医療は医療へのアクセスが良くない場所へ、効率よく質の高い医療が届けられる有効な手段です。そして医療へのアクセスが悪いのはへき地や離島だけでなく、航空機内、船舶内も同様です。我々はまず神戸空港から搭乗される前後でのお客様の体調管理を遠隔でサポートし、ゆくゆくは全国、航空機内への医療サポートも検討しております。

国内初めての試みですが、お客様の安全、安心に全力でサポートしていきます。

【株式会社T-ICU】

所在地: 兵庫県芦屋市大桝町3-13(本社)
神戸市中央区港島中町2-1-12 北埠頭ビル3F(神戸オフィス)
設立: 2016年10月 
事業内容:集中治療支援・医療情報提供サービス・医療コンサルティング等 
代表取締役社長:中西 智之(1976年4月10日生) 
資本金: 9,378万円
URL: http://www.t-icu.co.jp/ 
代表経歴: 
2001年 京都府立医科大学 医学部 卒業
2003年 熊本赤十字病院 心臓血管外科
2007年 横浜市立大学 麻酔科学教室 入局
2009年 武蔵野赤十字病院 救急救命センター
2013年 守口生野記念病院 救急科 部長
    日本集中治療医学会専門医・日本救急医学会専門医・日本麻酔科学会専門医
2019年 聖マリアンナ医科大学 非常勤講師(救急医学)
2019年 東京女子医科大学 非常勤講師

T-ICUのサービスの資料請求・お問い合わせはこちら